日本古代史论坛

 找回密码
 入住日史

QQ登录

只需一步,快速开始

扫一扫,访问微社区

搜索
楼主: 病叶小町

战国史新刊介绍(续)

  [复制链接]
发表于 2017-4-4 09:17:24 | 显示全部楼层
8 i: K7 `3 Q+ w' s2 {& v/ a1 c; ?4 N
( p  c5 ~# q2 \; o
  f7 ?- {6 n5 @1 j
书名:戦国時代と禅僧の謎 室町将軍と「禅林」の世界) _+ G6 \" d) x8 L8 J; X9 o8 K
著者:清水真澄3 @5 C; j# C8 ?. u# K8 Q
出版社:洋泉社6 l) |/ a/ T+ @: o
概要:
4 B2 j! G' k  B9 H" w$ z- i応仁・文明の乱、東山文化の開花―。禅僧たちにとって、芸能・贈答文化さえ「戦略」になる時代だった―。彼らは、なぜ歴史の大転換期に将軍権力を支え、外交・軍事・文化政策に関与したのか?
6 d0 U7 N1 M$ `$ `- }$ A1 E
# T8 t: C3 N6 }; c目次:. |! L0 Q/ e. y& Q! U0 k
はじめに──禅僧なくして中世「日本」なし!
; k* }  Y3 r3 I序章 将軍権力を支えるオーガナイザー5 ^' @9 H* E: ^  ~) k: }+ _
第一章 動乱の時代に生きた禅僧たち* y9 q2 N* [# r
第二章 禅寺を行き交う「贈り物」の行方
+ `# l( B; e* D6 \; N0 S第三章 禅寺に集う芸能者たち+ o$ u8 i- t; b
第四章 戦場と禅寺を往復する禅僧たち5 L$ B2 X; K7 n& r
第五章 「勝軍地蔵」を信仰する足利将軍家
8 Y/ r  E0 T* `  n  q$ D8 F4 ]5 rあとがき
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2017-4-4 09:19:42 | 显示全部楼层
$ Q4 e; [4 c  u8 `

" v2 l% u* u) |4 i, b
( ~- ?# _+ q, @1 |* e8 E+ G8 g书名: 宣教師と『太平記』——シリーズ<本と日本史> 4' l( l  Z" L: P  H6 h
著者:神田千里
$ M+ t  G4 I& O$ a! n% X& |! n出版社:集英社; K# }" ]* D/ P/ U: D
概要:! ]$ [: B* X9 W: m& c2 a
本書が扱うのは、宣教師と『太平記』の意外な関係だ。南北朝~室町期の武士の生き様を描いた『太平記』は、戦国時代最大のベストセラーであり、数々の武将たちに愛好されていた。だからこそ、宣教師もこの作品を「日本を知るための最高の教科書」とみなして、必死に読み解こうとしたのであった。『太平記』と宣教師との接点に注目することで戦国時代に生きた人々の心性に迫ろうとする画期的論考。* P$ ?& x' ~; f, i8 K7 M- q8 t
/ {1 R' S7 T2 f) X
目次:0 l- G+ B3 }0 U6 v0 `- C1 b+ Z+ h
第1章 中世びとの『太平記』(事典としての『太平記』
1 r; [' S% @3 X/ V& \『太平記』の受容)  F" j3 @/ p7 G$ |9 a+ w! G
第2章 『太平記』と日本人の心性(『太平記』の世界観* K0 K3 k  y# K- G# J: B& ?
宣教師の『太平記』受容と改竄% {- R' v  B: Y1 w) h5 c% o1 A
『平家物語』の受容)
' S/ M7 _) h! g- r第3章 『太平記』と歴史(宣教師のみた日本の「歴史」
+ V- P2 B9 a0 f日本人の歴史認識)# _, t$ q/ R8 S
第4章 記憶の場「日本」(我ら「日本人」% t3 D' A" k3 o) H! d* N9 p' F
草の根の歴史意識3 Z* N9 ]+ N2 g# M" w+ l
名を残す)$ n+ p: s$ P! j4 t( y7 a
終章 国家と未来(国民の「文学」として4 {2 J& S3 ~& M& \2 k
時間認識の変革
4 r7 B( p1 Q6 x8 P8 E' Z# P& I* B' q# A「日本国」の成立% i' f  S% m4 p: p- O4 r, u7 o
国家史への関心
6 m5 S: `" H+ y3 J! f0 d未来のゆくすえ)
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2017-4-4 09:23:09 | 显示全部楼层
4 C) c" [$ z! ^, z) a9 f
* @+ d! v9 J+ y( V5 N4 I7 {& U
" Y5 f- N9 t& |- g# d$ a
书名:室町幕府の地方支配と地域権力——戎光祥研究叢書129 k7 v9 v0 W3 _% E
著者:市川裕士' @% o( T1 E8 W' \
出版社:戎光祥出版
; N9 e( Y5 q. n5 N: z" K概要:
& i( k, k4 _. D( i) i7 G室町幕府はどのように全国を支配しようとしていたのか。室町幕府と守護・国人との関係、地方支配の実態を検討し、全国政権としての幕府が、地域の政治課題に対してどのように問題の解決を図り、地方支配を展開したのかを明らかにする。
6 I5 d; f9 R- V. `
* K1 {) w! a; K6 U目次:
- k4 b" j; A7 J9 M" H( \序 論 研究史の整理と課題3 ]" p& O' V$ E9 t* s. R
第一部 南北朝・室町期における室町幕府の地方支配と地域権力
' M2 V0 n# E3 h6 s第一章 南北朝・室町初期における室町幕府の地方支配と地域権力
( M2 s8 V& R5 F第二章 応永・永享年間における室町幕府の地方支配と地域権力
, q2 R' Y  G; N. g7 c7 l第三章 嘉吉の乱後の室町幕府の地方支配と地域権力2 ^$ j5 T, X7 A5 |! T, I( W" o
第二部 守護山名氏の分国支配と同族連合体制
6 ]4 V# }5 P2 H第一章 南北朝動乱と山名氏
3 w' M4 r7 j0 @- P, Y1 e第二章 安芸守護山名氏の分国支配と地域社会1 W' p# H6 x7 U; k6 V
第三章 室町期における山名氏の同族連合体制5 C5 T2 H5 f: f
第三部 西国における国人の政治動向と室町幕府・守護7 E, _/ k8 T* }9 g
第一章 安芸国人沼田小早川氏と室町幕府・守護9 @# y- V$ I0 u! h0 }6 `
第二章 備後国人宮氏・一宮と室町幕府・守護. V5 b; ?4 s. L* \0 R4 c  K& V7 x
第三章 伊予国人大野氏と室町幕府・守護- e0 C3 i- y( M& I. {( T/ n
結 論 総括と展望
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2017-4-4 09:24:35 | 显示全部楼层

9 o4 ]& o1 y$ `& `8 E$ Y6 F! R1 n
7 F1 {' H' J1 c; g: u( g. T' b. b, e" I+ U
书名:さつま人国誌 戦国・近世編3
. O  X3 E" Y/ A, F+ z著者:桐野作人
6 K# E$ n: a% w$ {出版社:南日本新闻社/ h7 E5 @- P9 O# J
概要:
! @, N, g  i- f# n島津氏の三州統一から九州制覇の戦い、豊臣政権との戦いから関ケ原合戦。島津氏の長い歴史のなかで、もっとも人々が躍動し、活性化した時代。戦乱のなかの島津氏をてんこ盛り。戦国の島津氏のすべてがわかる。
3 X1 z- L5 ~/ S3 h; Q- h! M1 Z5 u$ b* Q1 Z- x- Z' G
目次:
; ^, h) s7 f' A0 O. V, D第1章 島津氏と戦国の争乱+ \' d2 J+ f' N. `3 Y2 n
第2章 島津氏、九州制覇へ挑む
$ A$ S; X9 y; s' Z7 z) B- K第3章 島津氏と豊臣政権
- Y: l  F- _" k& W( H/ D第4章 悲劇の武将島津歳久と豊久
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2017-4-4 09:26:08 | 显示全部楼层
7 C2 H3 m9 p/ }/ v% @- K
+ o* w1 I) z+ d8 i: f. c" q$ X8 \

5 C) m7 b4 P& V! Q+ M  n3 o' h书名:歴史REAL史上最強の大名薩摩島津家% ?  ]( e! {' e  g, U2 j; N
著者:——
: ]9 k3 X; [# d- G1 R出版社:洋泉社7 Z  C1 l- K7 x) K
概要:
2 H9 h: T0 C: R; s) b4 D! J日本列島の南端・薩摩の地を700年にわたって支配した名門武家・島津家。その長い歴史につちかわれた実力で、薩摩隼人たちは日本の歴史を動かしていった。九州に覇を唱え、天下人と激戦を繰り広げた戦国時代。島津四兄弟が率いた最強の兵たちが勇名を轟かす。日本の危機をいち早く察知し、近代日本への道筋を照らした名君・斉彬、国父・久光と、そのもとで歴史を変えた逸材たち。薩摩島津家はなぜ、最強の雄藩となりえたのか。その秘密をさぐる!
. ~) H9 @9 i% m3 b9 k  ]: |( K
目次:3 C5 O; U2 w! I5 f
入門セミナー
& Z, E1 Q* l2 l8 i4 _7 C! G1 @+ p; |薩摩島津家 最強の秘訣$ |/ ]6 _9 I2 t
8 P9 H/ G5 N! b/ ^$ f: W
<巻頭企画>2018年大河ドラマ「西郷どん」決定! + P# B( R4 L  p$ g# m
薩摩が生んだ傑物・西郷隆盛の軌跡# r1 I8 x0 Y6 Y

  K9 @( w8 g& e& Lパート1 戦国島津四兄弟の戦い
  Q" D( r( v3 p( }+ A$ o( `九州制覇への道・激闘の七大合戦
; w: o$ Y5 p( {/ u義久/義弘/歳久/家久/豊久2 g( |" v% @6 s5 r

& d. {) S7 {) W9 \- T; @. t% Aパート2 日本一の外様大名 薩摩藩の実力
9 Y" M. Y- a; U' H新城と城下町/後継問題の解決/強固な防衛網「外城制度」/
% ^! h5 P, H) M3 |琉球支配/密貿易で財政再建/将軍家に御台所を送り込む/宝暦治水
* }3 W/ W1 l" O5 s) J* z& h3 W: C: d
パート3 近代化に邁進した名君の時代
& e% N7 N! t' l, k蘭癖大名・重豪
6 y' o( j& z3 w3 X近代日本の設計者・斉彬% M' [- j& `$ D: m  i2 T9 F
将軍家定に嫁いだ篤姫
0 q: ^: v" C4 A0 ]# ~1 Z4 h# ?& v維新を先導した国父・久光 ほか- k) j( Z! Z. A( T
6 t- ?6 U# F! n5 d0 }% [2 T% @+ N) l
パート4 薩摩藩士たちの明治維新
7 Q' @, w. ]: G! X+ R$ R% k3 J大久保利通と誠忠組* s3 U. p; Z, H1 q# ]- T4 _$ T
長州との連携に向け奔走" u) {* w8 p3 s7 y4 q
敵国・イギリスに留学した藩士たち3 O% x. \, S: _! D6 j. b% J
討幕に突き進む% g6 C' `, v' S
新政府の要職を掌握!
# s9 p% M0 t' U' W5 S- [4 U
3 J7 U. D) F  J3 w<口絵>
: s) c3 d3 v) I, @3 X9 F& z* }薩摩島津家の至宝2 v/ @) h6 F  v+ s9 T! E
島津公爵家 家族の肖像
. z) \# n- P+ W; s: m1 d# l( \, o1 b. m3 \0 [
<史跡探訪>* c8 S2 q+ V5 N' Y* P
鹿児島市内に残る薩摩島津家の足跡を訪ねる" Q. [9 b1 {+ Y$ a
厳選ミュージアムガイドほか
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2017-5-11 07:27:27 | 显示全部楼层
2 ?) f( r  L, q# |

  ~+ O5 o' M) l  |: \0 H
. m  T0 \1 y) O8 A( y. }书名:尼子氏関連武将事典
# ^% ^, M; a/ p& N! O著者:妹尾 豊三郎
. B& o" }; r% ]# U6 ^- ~出版社:ハーベスト出版4 q9 R3 s" ^5 O7 P5 N' |9 s. @. u' Y
概要:7 J- N! Z% W: E- N
「激動の戦国時代、中国地方に覇をなした尼子氏と 尼子氏を取り巻く武将たち50人それぞれの物語。 尼子氏の台頭から隆盛、大内氏・毛利氏との激闘。 月山富田城落城、そして山中鹿介ら尼子再興軍の奮闘。 戦国の乱世を生きた武将たちの姿が鮮やかに蘇る。」 広瀬シリーズ最後の刊行物として島根県広瀬町観光協会から発刊された「尼子盛衰人物記」は、尼子氏のみならず毛利氏などの戦国武将をとりあげ、それぞれの武将の小伝として妹尾豊三郎氏によってまとめられたものです。 この度、絶版となりなかなか読者の目に触れる機会がなかったこの良書を復刻出版いたしました。 復刻にあたり、NPO法人出雲学研究所理事長で歴史家の藤岡大拙先生に監修していただきました。また「尼子氏関連武将事典」と改題、文庫サイズをA5判に変更、写真(肖像など)等を巻頭に追加しました。 戦国時代、中国地方に覇を唱えた尼子氏はいまだにファンが多く、今日の中世史ブーム・戦国武将ブーム・山城城郭ブームのなかで、各方面で活用していただきたい書籍です。1 f( H+ R: p- }' V! {6 t
8 Q1 x& Y: x9 R: k, }
目次:9 v4 N- h) ?' e. K5 K4 ]7 j6 U
尼子持久9 X4 M9 `3 C& r' @2 g
尼子清定(貞)0 h# J( c/ L( F, H
尼子経久
% J( U7 A* v2 G尼子義勝(一本久幸)3 {5 T3 c, J$ w  A  |
尼子政久
% i7 ~  f7 @7 |& T1 O% ]7 ]尼子国久7 {7 C% P; E+ c4 {5 y" w
尼子興久: u" C/ P4 X/ g: M7 {7 g
尼子晴久6 s' ^6 p0 o, Q
尼子義久
# ~  d! G3 y3 _2 S! h0 Y1 s尼子誠久〔ほか〕
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2017-5-11 07:29:17 | 显示全部楼层

' P  K1 U0 Y( p$ @. l$ [, a& u
% ]2 K5 r- L1 m5 }9 {! Y6 i: Z% \8 E8 h( K
书名:織豊系城郭とは何か: その成果と課題
, c" }  R9 I& |6 k5 j著者:村田修三) W$ i. E+ T& ]6 [. O* L" Z
出版社:サンライズ出版3 v( l' r# l9 F8 E( @
概要:; v# D3 A2 Q+ v. x
日本城郭史の中世から近世への転換を決定付けた織豊系城郭は、日本の城を語る上で最も重要な概念であることは言うを俟たない。学会で「織豊系城郭」の呼称とテーマが確立してほぼ30年、あらためて織豊系城郭の実体について、歴史・構成要素・分布と実例等の諸ジャンルに亘って整理する仕事が必要になってきたのではなかろうか。本書は第一線で活躍する70余名の城郭研究者による論考と67城の概要、更に1000点以上に及ぶ文献一覧を収録。織豊系城郭の手引書として必携の1冊。
. V) i- E1 x  [* K: [1 o3 F2 t9 X! {7 F
目次:- h# U; ~0 L. L
第1章 総論
3 Q2 ~; Z3 D* k6 ?" h" m第2章 織豊権力の城郭政策
& ^5 C3 r! N" J/ ?9 r6 q/ a第3章 織豊系城郭と地域社会0 @5 ~( e# [( W, o  s3 i4 w  J
第4章 織豊系城郭における遺構と遺物
" z, @, ?- C6 k. A+ n第5章 織豊系城郭の諸論点
: h0 S  E7 x( `' g1 ?! @第6章 個別城郭
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2017-5-11 07:49:16 | 显示全部楼层

* O; v: r+ C+ Y0 ^9 R" G! W' H/ G2 x
7 ?8 Q* C6 H- K3 s! U9 V$ ]% C
6 _# a  F" g( P- D6 w+ _- o书名:国衆の戦国史-遠江の百年戦争と「地域領主」の興亡+ x1 C9 D, w; {$ Q' M* q
著者:铃木将典: F/ t% H6 r! \# }6 a
出版社:洋泉社& n& Z+ Y+ T4 Z; s, q, m9 r
概要:
9 ^* L0 G. N: v& T! k戦国大名の領国には、地元に基盤をもつ「地域領主」=国衆たちが多く存在し、大名は国衆たちの存立を保障することが求められた。国衆たちは、複数の戦国大名の間で利害によって従属関係を変え、生き残りを賭けて戦った。
6 f9 k5 n, S, u: q# r7 P4 o3 c- M9 b# f& F
目次:
& W, M- X+ O: Aはじめに―――なぜ「国衆」が注目されるのか? & X( ?* w  X. ?/ w) n/ l
. J. ]* B# }& d9 n
[序章] 戦国時代の遠江と国衆 ) L( n! O1 {' L; W. x9 A
3 D# J+ A9 _1 q0 H7 _# T
戦国大名に勝利した国衆/国衆とは何か/室町・戦国時代の遠江の地# d& u2 D9 Z9 S  @+ B
理的位置/本書に登場する国衆& Q; i- w! b2 t$ z) t& W  U
% q% V' \2 S% [, t8 q: S3 C! W6 Z6 {
【第一部】 今川氏に従う国衆たち / f0 A3 U( ^% O3 l

; ?* B, }& N$ ]& \8 G& `! k[第一章] 駿河今川氏の遠江進出 
' D: l. B+ ]- C+ `. ^
: O& A# }) {: L3 U# U, ^! ]/ r遠江の「戦国時代の始まり」/守護斯波氏の内訌/今川義忠の遠江侵攻
8 L% s2 X# U' W- Z* H4 m$ i/伊勢宗瑞の遠江侵攻/今川氏親の遠江侵攻/明応の巨大地震/今川
. i  y" W7 u( H* S/ S6 n氏と斯波氏の合戦(第一次)/今川氏と斯波氏の合戦(第二次)/今川
' w  c0 h- b5 N" {; e氏と斯波氏の合戦(第三次). E% `" x9 n* Z6 z% {" H, b
6 _/ P7 O+ P( s& Q) T
[第二章] 今川領国の内乱 
: t+ C' e: B4 ^+ K" V0 V: r; _/ `; [% o) l6 @( b* Q
今川氏輝の家督相続と寿桂尼/天野氏の離反/「花蔵の乱」と「第一次
, J$ i+ `( F4 k' S, Q4 F河東一乱」( x+ Q2 U, c" h8 G$ Q$ q

; x/ O( X( N  n: J# e) V[第三章] 戦国大名今川氏と遠江国衆 
! d1 v+ P: ~0 [; d) w; j
3 F  Q  V3 Z/ Z4 q8 H今川義元の三河侵攻と遠江国衆/天野氏の内訌/国衆領の相論と戦国
0 d* o% `1 v' F' b大名の役割/今川氏「家中」での飯尾氏の役割/戦国大名と国衆の「外8 y, ~$ l" F" f
交」/「同心」とは何か0 ^" k0 ~. u3 n4 J
7 X1 G, z; \& s& I
[第四章] 「遠州忩劇」―今川領国の崩壊へ , B- \" a) z6 h' k$ k+ a0 ^

9 z, C8 G$ @7 }! f8 m/ P9 H桶狭間合戦と「三州錯乱」/「遠州忩劇」=国衆の大反乱/引間城主・飯
$ c2 l$ j/ M5 I) T. p4 |: H尾氏の支配領域/遠江国衆の離反と内訌
' L( j9 Q3 _! B2 B# @9 t9 a- q: ?
  }! O6 T1 L% D% E[第五章] 「井伊谷徳政」と井伊直虎 
( P5 \2 q+ W: `# d
  t* q5 S. G+ g1 I" \$ b徳政とは何か/「井伊谷徳政」の経緯/井伊氏の権力構造と「銭主」 ; @9 u+ d9 C* i' [- Y$ o2 P5 t
/井伊直虎は「おんな城主」か?/後世に作られた「由緒」
- Q) R, n$ J# Q1 r; s# X
9 E4 m# ]0 w& L1 Q$ O: k【第二部】 武田・徳川氏の争いの狭間で 
$ }1 C. Z" c# c+ ~$ R
& z- _6 ?: n, q$ j8 a+ `/ K  x[第六章] 武田氏・徳川氏の遠江侵攻% Q6 I6 W# C2 Y
 
+ w, @5 w# M2 z  W1 d" t+ F; X武田氏の駿河侵攻/徳川氏の遠江侵攻/遠江国衆の徳川氏への従属/北# _: f! o" H* e0 l6 r
遠国衆の動向/戦国大名今川氏の没落/徳川氏の遠江支配と国衆( t# C' [+ M" x: \1 T4 ^& ]( x

8 G. B  J2 n0 I1 v1 _1 T$ N1 T& G[第七章] 遠江・奥三河の「元亀争乱」 
& B9 C* y: M) z
* [, U9 @9 B8 I. p$ @& u「元亀争乱」の開始/武田氏の遠江侵攻と三方原の戦い/遠江国衆の動
# X: M4 ~, c4 Z" N6 ]4 \, r- A向/「元亀争乱」の背景とは/家康の反撃を受ける武田氏( P0 J4 ^/ \; R5 U9 c

" ~# o6 \# b+ v( ]+ ^* |[第八章] 「境目」の争乱と長篠合戦
1 [! [+ [0 _/ a; D5 [ ' a5 p$ E" E% u7 ^2 }7 v& ^+ _
遠江の戦況/勝頼による〝高天神城攻略〟/攻勢に転ずる勝頼/長篠合7 S" l; R% w2 P: p" i6 |
戦/天野氏の犬居退去/井伊直政の登用/小笠原氏の高天神領の支配と. o& F$ m# O1 c" M4 _
転封9 t4 ~; w7 A9 u3 ^: Z1 g  y; w
: b. p/ D# g5 A' [. c8 r+ O& s
[第九章] 徳川氏の遠江制圧 6 a0 l, H7 H2 X6 V# J. H3 ?

0 x! P5 B4 ~$ g1 P徳川軍と武田軍の攻防/松平信康事件/天野氏の没落と奥山氏の内訌/& m$ a/ q) c+ L; r: R; F2 x
高天神落城と武田氏滅亡
3 p; x; G* a2 Q3 }5 k% L% a9 ~9 ?5 @% e% e' Q  f: _
[終章] その後の遠江国衆たち 1 O& M* a# t$ U
8 G, f# n& f2 c% b% u
遠江の「戦国時代の終焉」/大名・旗本になった者/子孫・一門が大名
6 j7 n% K/ l* q+ @の家臣になった者/戦国大名と遠江国衆/「国衆」の消滅
  O! y. k& Q) U+ O
( R9 y0 [2 G, jおわりに
2 E9 m) L% g, k* A8 m) ^( u' w主要参考文献  
# }6 b9 E- r4 v* z1 G戦国時代の遠江・主要年表
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2017-5-11 07:51:30 | 显示全部楼层

, L) B! T+ l& W. M- ]3 F3 m6 |1 S8 e4 W5 ^3 `. J7 o
5 ]; v* C( D( q
书名:シリーズ・織豊大名の研究第5巻 真田信之9 T% L: V' A8 N. z# a+ `! H9 o
著者:黒田基樹
  R( ], y# N( j- N; y, d5 C出版社:戎光祥出版+ w4 C( |- I! \) t& C- l1 j) k
概要:! K1 y) h+ @3 d/ ]2 r3 w
近世真田氏の基礎を築いた「天下の飾り」。父昌幸や弟信繁の動向に隠れがちであった生涯をたどり、
0 z$ O; t' ^, t城郭・文書論・肖像なども扱うことで、信之に関わる通説・諸問題に切り込む。10本の必読論文のほか、総論と付録では発給文書に関する最新の解説・目録を付し、信之の事蹟を総覧する。
  f: V  y- o, P7 t  X' @) C& P2 M1 w* e
目次:
% C3 |! T1 \: b: ?+ i  d5 `総論 真田信之発給文書の概要(黒田基樹)
2 L: b, J3 f% X' e9 F! E- c% [6 Z* Y3 N8 o
第1部 真田信之の生涯
' v* I) a, Z1 j Ⅰ 真田信之文書の基礎的考察(原田和彦)
& @8 D; x5 c8 D2 t, K Ⅱ 真田氏の沼田領支配(渋谷浩)
: E& h) K% f  t2 P% d) c Ⅲ 真田氏時代(黒坂周平)
: N1 G0 c# r( s# _3 W: Q$ h( F Ⅳ 真田信之時代(大平喜間多), t: H& O$ ^$ i4 e4 y
 Ⅴ 真田信政時代(大平喜間多)
& N0 F( V+ N' g第2部 真田信之の諸問題* x! P& s$ g/ n/ L& S% f
 Ⅰ 真田氏時代における織豊系城郭上田城の再検討(倉澤正幸)
; m6 I8 l4 f( Q0 j3 P- `) r3 J4 a Ⅱ 古文書講座(第27回)(寺島隆史)) n% p- g. u4 K: z+ I# `. x
 Ⅲ 伏島家文書について(利根川淳子)
2 `4 J. G$ `4 t4 T& M5 e3 } Ⅳ 史料紹介 真田信之の隠居・三代藩主の擁立に関わる文書(真田宝物館): t- Y- G) i/ K2 c7 M
 Ⅴ 松代藩初代藩主『真田信之画像』(松下愛): f" N% o' f; A
第3部 真田信之発給文書目録(黒田基樹編)
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2017-5-11 07:53:13 | 显示全部楼层

$ h" n7 V3 X4 Z5 v, m6 v
7 p8 n+ J$ R9 X8 X/ |/ S& o; K
9 }$ u5 g5 |1 c( _& U: o书名:中世武士選書 第37巻 島津貴久-戦国大名島津氏の誕生0 n+ V5 e4 F7 @; U* i
著者:新名一仁& S1 z. S6 k( h
出版社:戎光祥出版. \1 l5 d/ w& e! D
概要:
4 I6 f! J) F7 s5 k, R島津本宗家の家督をめぐる骨肉の争いや、国人たちとの血みどろの領土争いに勝利し、薩摩を統一した島津氏中興の祖。複雑な政治情勢をていねいに整理し、新たな戦国史像を提示する。/ H* @# J" Z5 ?! T% o

$ h/ i% E0 X: J! d" @7 i目次:# \& C* o+ y" o* o' v5 ^, \; V
第一章 室町期の島津氏と「三州大乱」6 @0 u, o" S' [
1、室町期の島津本宗家と御一家: o1 b1 x9 S+ S$ s) j5 q( b  `/ r
一六世紀初頭の状況/島津奥州家の三州統一とその全盛期/+ q2 f( z( l0 |
領国内国人の三区分と島津姓御一家の成立/島津相州家の成立と伊作氏の移封& s- F' `/ a+ m3 X
2、戦国時代の到来
) S4 G1 O8 j5 ~+ }: D* k島津忠昌の家督継承と桜島大噴火/文明八・九年の争乱/- a  @& x+ q, V9 b' H, q* w8 ]1 x
島津氏「一家中」一揆/文明一六・一七年の争乱と戦後処理/9 [; |  _* {9 M$ e3 Y$ J. Q
3、島津忠昌の自害と「三州大乱」: p# g& H4 n: R4 P# f' O
明応の争乱/島津忠昌の自害と三州大乱/
  `" Q; h! ~; {& p. o( q( G: T4、島津相州家忠良の台頭と貴久の誕生
* h  ?4 i( W: b' w伊作忠良の誕生と相州家継承/島津貴久の誕生とその背景/
: E9 N) ~; x* i- a/ G) g: a永正一七年の四か国国衆同盟/四か国同盟の崩壊/
$ o$ [; N6 d9 L7 L% f! ~2 e! m+ J" Z8 _8 p
第二章 島津本宗家家督の継承戦争
: B% h8 b  H8 w" K/ a4 y( q! M8 t3 I1、奥州家忠兼から島津貴久への家督移行――近世の認識* Z5 l0 c3 |+ T1 b2 h
近世編纂物が記す家督移行と悔返/「貴久記」の記述と信憑性/
4 ~4 m: P$ Q; t) i: a1 B7 r2、貴久家督継承の真相
) i6 R. p0 M9 U  L! r奥州家忠兼と薩州家実久/島津奥州家老中の交替/( a, ?6 U% k3 R+ M
島津相州家と奥州家忠兼/虎寿丸への「国譲」と元服準備/
( J; {" n6 j# Y3、奥州家勝久の復権と薩州家実久の台頭
/ n% g* S2 g  v* Y  [「国譲」の影響と奥州家忠兼の悔返/忠良・虎寿丸の田布施撤退/3 E" {# D! C- H8 [+ E5 c
大永末年の大隅中部情勢/大内義興の和睦勧告と享禄二年の和平会議/
2 O. E3 t5 G% q! ?相州家の和平会議参加/貴久の初陣と奥州家勝久の出奔/5 d; Y/ K' z5 ^# j* L/ ~) N; U
薩州家実久の守護就任と新納氏の没落# t4 C/ g* V1 l/ Y$ i) q6 L# ~
4、島津貴久の「太守」就任4 _" B4 i* W! E% }9 d* G; M& ]3 s  A
島津義久の誕生と入来院氏/奥州家勝久との連携/加世田攻略/
- c- f: H' h# U5 V$ }3 O紫原合戦に勝利し薩摩半島を統一/老中制度の確立/市来攻略と相州家一瓢斎の死/
% m: t# K7 P6 E6 R島津貴久の「太守」化/
8 p: \! d8 d, p' a6 v
, T- z7 J. h" R0 f第三章 大隅国への進出
; u$ k- X: P0 [$ g1、一六世紀前半の大隅・日向情勢
# P9 l! f+ e. o( K大隅国府周辺の状況/北郷・豊州家両氏の日向南部制圧/
7 U/ q; ^, a7 Z伊東義祐の家督継承と飫肥進攻の開始
, F. V2 `+ r: x$ r; `2、生別府・加治木をめぐる攻防; r& H5 X  B$ W1 ?9 Q# M
反相州家十三人の蜂起/加治木城攻防戦と生別府開城/. u9 J9 i2 U9 l/ V1 k+ p
3、有力御一家による守護承認と本田氏の自立
  O' ~! `$ `3 [/ F& i伊東勢による飫肥進攻の本格化/北郷・豊州家らによる守護承認/. x) V& N) G8 G3 y5 P
参議町資将の下向/本田氏の官位獲得運動と自立化/有力国衆の官位獲得/
7 [% b, T% K; D7 ~/ B* B4、大隅国府周辺の平定
1 K% s8 p6 c7 j. j5 q本田氏「錯乱」と伊集院忠朗の大隅出兵/本田・北郷両氏との和睦成立/
+ F6 g: W6 R7 J5 D! j本田氏の没落、大隅国府周辺の制圧: y* R: j, q4 B( ^5 H/ B* D
5、加治木進攻と島津貴久の修理大夫任官/ U& ^7 R' z( W7 E; I% V& E
北郷氏と島津豊州家の一体化/貴久の加治木進攻/黒川崎での鉄砲実戦使用の実否/4 u2 `- L3 R2 V. P
御内(内城)への移住/大隅八幡宮を再建する/島津貴久の修理大夫任官
  h; R3 F# N7 c0 Z: Q6、大隅国姶羅郡の平定" r" R& n( A! g0 [' Z
一族間同盟の成立/義久・義弘・歳久の初陣となった岩剱合戦/* R7 u- b% o7 v+ s9 ]4 P- ^
帖佐攻略と大隅正八幡宮の神慮/苦戦を強いられた蒲生攻略/地頭衆中制の確立
& K( g# D0 ^! n" C( L5 ^# Y: E
2 e) Q, j4 ~0 n0 K7 j; u* C- K% b8 F, W% N7 f2 V9 b
第四章 島津貴久と対外関係2 w* @: o+ H- c! T+ R2 i: s2 L9 R
1、島津領国と海外諸勢力
6 }/ u% E+ z* r1 l' D1 r7 M一六世紀前半の南九州海域/奥州家勝久と貿易利権/要港坊津を掌握する+ S; a0 g6 j; P. g
2、種子島氏と鉄砲伝来
. _& U/ z& l6 ~( Y# @( R種子島氏と島津氏種子島氏の内訌/「鉄砲伝来」はいつか/種子島氏の鉄砲外交/( V( C, w% ]( @
3、キリスト教の伝来とザビエルとの会見( J% `( ]" r4 R, n
フランシスコ・ザビエルの鹿児島来航/貴久とザビエルの会見// E, L& ^( B3 E' E3 T5 C0 w
ザビエルとの会見場所はどこか# ^+ m9 q! ]4 u* K  E* O$ s
4、ポルトガル船誘致活動
8 ?6 O0 |- y4 |; k$ c+ [鹿児島を退去するザビエル/キリスト教布教とポルトガル商船/  F) U3 y- M# d( r3 M
ポルトガル人傷害致死事件の背景/貴久によるキリスト教保護/
; {, @5 `" ?  ~' {. S# ^4 I# T7 ?
- V- D' U8 s  S' Z& E7 m第五章 義久への家督継承0 k7 ]  B2 {8 w" P
1、肝付兼続の離反と弟忠将の死
" x, n  ~* [9 k& \6 @* R3 ]" a0 f島津名字使用の制限/伊東氏の飫肥進攻と肝付・北郷両氏の抗争/
& T1 a/ B9 R2 F* `将軍足利義輝の和睦仲介/肝付兼続の離反と島津忠将の討ち死に/
7 }4 }4 [, D8 C, @- E飫肥城陥落/北原氏の内紛と真幸院接収
+ p2 g* G  [; y( a4 O! k* U2、義久への家督継承と正統性: y3 X, o9 r% h9 o& Y5 P
貴久・義久の連署起請文/陸奥守・修理大夫任官とその背景/
, ]& D2 z& D( z% D, z: {忠久以来の嘉瑞/貴久の隠居と出家. q9 b# N5 r. z: m
3、晩年の貴久――薩摩統一
, }' |: F, n, A3 m' p菱刈への電撃的進攻作戦/島津薩州家の従属/父・日新斎の死/" w7 q1 j) `, T
大口城の開城と渋谷一族の帰服/貴久の死/ g: \! e0 A* O- ^: ~3 Q
4、貴久の周辺
4 q; ~1 g1 C( d貴久の親族/父・日新斎の「呪縛」/和歌・連歌を嗜む/! U4 [* _; @4 I4 b! R
おわりに――貴久が目指したものと義久への教訓/
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2017-5-11 07:55:39 | 显示全部楼层
8 P; z' u  J- T0 Q! p3 j- `

: v# s, }5 A! t
  D% n* Q* H! T" N- n) ?- M书名:天下人の父・織田信秀――信長は何を学び、受け継いだのか9 m( z) u7 O9 ~" I+ G/ u# X$ X* S4 W% N; n
著者:谷口克広
4 X* w& Z9 {% H! Q出版社:祥伝社6 T! v/ `6 D# S8 f$ w1 F
概要:7 m/ X7 h. S! Q% C# i
織田信長は中世的権威の破壊者、近世の開拓者、改革者とされてきたが、近年その評価が変わりつつある。彼の独創的とされる戦闘方法、外交政策、経済政策、家臣統制に、父・信秀からの影響があったことを実証したのが本書である。信秀は、守護代家臣から短期間で尾張随一の実力者に伸し上がった、戦国の出世大名の一人である。しかし、史料の少なさから、その実像は謎とされてきた。今回、信長研究の第一人者である著者が、一次史料を含む多くの史料を読み解き、信秀、信長二代にわたる事績を明らかにした。天才、魔王、革命家とまで称された信長像は本書で変わるだろう。
* r1 u: V: T! [4 r! a' J0 d
' j8 D$ s: q0 z) ]# J1 S! h目次:2 b# U3 i- Z8 j4 R; W, e
序 斎藤道三に敗北して……) \5 f! S( M1 L. W  O
第一章 織田信秀の台頭
9 ?; M! ~+ t) v" o- k2 g第二章 信秀の合戦と政策7 S( I( C* U0 ]6 D* W
第三章 父信秀のもとの信長) y- f6 F. x5 M+ T9 \* o8 J
第四章 信秀の後継をめぐる争い6 ?/ j& M# L6 B! E: A6 r
第五章 信長が受け継いだもの/ c% c3 H* k& R" T
終 章 信秀の評価
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2017-5-11 07:56:59 | 显示全部楼层
( T# `' F7 ?( G! g; `5 s0 A
/ Z) t3 m9 _; @  T3 B! k
& Z- C( q9 _) p0 I
书名:織田信長 不器用すぎた天下人
1 C+ P" g) g9 C  v. f" ~6 s著者:金子拓
+ U2 R' O; Q  {& U0 T出版社:河出書房新社+ A* b& z1 B* E0 R. `
概要:4 f' M. Z( {% c# i7 _7 M5 a- Y2 {& B
同盟を組んだ大名四人に重臣三人……なぜ、信長は“まさかの裏切り"に見舞われ続けたのか?天下人の真の人間像を史料から読み解く!
- F$ Q+ X. A, \- }! q4 N: x5 i1 A1 f( ?) u
目次:
: ^' W( [7 B' B- F0 ]# q第1章 浅井長政―妹婿の離叛: w% S0 m6 t) f
第2章 武田信玄―気づかなかった裏切り& z+ R. d8 \4 Q. J
第3章 上杉謙信―支援約束の果て; b5 P$ F# v/ J' x+ @6 t
第4章 毛利輝元―境目紛争の末に
. L4 [/ ~& U; W, C: f$ }第5章 松永久秀と荒木村重―家臣の裏切り+ Q; Q' h( H/ E) O* o
第6章 明智光秀―裏切りの総決算& o3 Y, }4 o% J# V* B2 P
終章 信じすぎた報い
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2017-5-11 07:59:48 | 显示全部楼层
1 P* O% U1 E0 K& ]# D

  l0 s+ Z7 Z5 u0 n$ @- N0 _* ?
) V( n2 u; J5 |7 h- A书名:松永久秀 歪められた戦国の“梟雄"の実像
6 a+ a7 ^8 q" P) P- d" _著者:天野忠幸' R. V4 |% m+ h7 _
出版社:宮帯出版社/ C6 v$ M) V, ^
概要:6 Y) G5 J3 x& z! p
主家滅亡 将軍殺害 大物消失, [, v. d0 }" k* h
"三悪"逸話は後世のねつ造だった!
1 }5 Y2 D- B- T1 D1 _) G+ t7 e- l三好義興も足利義輝も殺しておらず、大仏焼失も敵陣の攻撃以上の意味を持たない。…(中略)…三好長慶に対しては、謀叛どころか専横な振る舞いすらなく、忠義を尽くした。…(中略)…久秀にとって下克上とは、江戸時代に創作されたような、傲慢な振る舞いをしたり、上位者を殺害したりする単純な話ではない。それまでの社会秩序や世界観をしたたかに変えていこうとする運動であったと言えよう。(本書「松永久秀の再評価」より)
" P( T4 b1 R0 H9 `戦国時代の〝下克上〞の風潮を代表する人物であり、すぐに謀叛を起こす義理人情のかけらもない人物…所謂〝三悪〞の逸話とともに、松永久秀にはこうした悪評がつきまとう。
& {  M' @$ ]4 Uしかし、実際には足利義輝も三好義興も殺しておらず、大仏焼失も敵陣攻撃以上の意味を持たない。主君・三好長慶には、謀叛どころか専横な振る舞いすらなく忠義を尽した。さらに久秀は、天守を中心とした城郭建築の第一人者であり、茶人としては武野紹鴎に師事し、名物を多数所持していた。本書では、最新研究の成果に基づき、久秀が三好長慶の政権下とその後の畿内で果たした役割を明らかにするとともに、新たな人物像を提示する。
& f  \3 @) A( t9 i1 Z※畿内だけでなく「各地の下克上」についても言及! + z" X: B+ k: m# j
(関東足利氏と小田原北条氏/陶晴賢の乱と大内氏/斎藤道三・一色義龍親子と美濃支配/安見宗房と管領家畠山氏/宇喜多直家)
- s) E, _9 g. z$ ^& ~* T5 d' m! [& v% w* n5 `; h) k: e: J
目次:
! x5 {4 z" X( r- e序 章 松永久秀の再評価
4 R# H; q! C) _/ v& L! y+ ^第1章 久秀を取り巻く人々(久秀の出自と末裔/久秀の時代と堺/久秀と将軍足利義輝他)2 @4 A0 z2 l. R. c% f
第2章 久秀の城郭と城下町(大和多聞山城研究の成果と課題/久秀と楽市/久秀と信貫山城)
3 r+ r0 B/ P2 T# y% }6 d8 o+ l第3章 久秀と戦国の文化(久秀と茶の湯/久秀と法華宗)2 T3 f  [& a8 @1 d
付 録 (松永久秀年譜/関係人物略伝/関連史跡/花押集/参考文献)
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2017-5-11 08:01:34 | 显示全部楼层
  Y) o6 W4 F# ?6 `

2 c. h: t! H' P% x/ y* }0 c
5 v; Z6 d  Z) A3 H+ m书名:蘆名騒動-角館・御家断絶と再興事件
3 Z7 v/ @9 P* U: k. l! o( G著者:江井 秀雄
2 W. N/ z8 ~1 {出版社:無明舎出版9 R% i. j; h% U: \: b
概要:3 Y3 s( P% k6 s3 R1 K( T
東北の強大な戦国大名に成長した会津・蘆名氏。その後、悲運が続き常陸・佐竹氏から義広を迎えるが兄・佐竹義宣と共に秋田転封となる。そして義勝(義広を改名)は角館城主(一万六千石)に任命されるが、三代で断絶する。蘆名氏の波瀾万丈の血脈を克明に描く、歴史ドキュメント!9 p$ ~3 t; U( M" i" @7 e5 P
0 o, P/ g& u4 P. X2 G
目次:! q0 |; f2 y5 O! c+ A$ [. O
序 章 武士社会の構造的変化 ─小都市角館に起こった御家断絶事件─
; }0 c0 j, @! r1 X% m御家が潰れるということは0 ^' L& j3 O/ J, u6 x* o# z
封建社会の仕組み
5 G; i5 O# ^, H: A武士の精神構造1 A! e9 A$ D6 ^6 ~1 l" ]
第一章 御家断絶 ─謎の幼少藩主の死─ 4 l' T, ?" U( A
幼少藩主、謎の死  W0 u+ e9 P3 y4 |
秋田藩の事情, y- ?8 R+ A- ]* n/ _
御家再興事件
9 h9 y% {! C: S/ uたった一七人の御家再興運動
* H: ^% W9 K: [  g" ?; ?第二章 会津の名門蘆名氏の変遷 ─豊かなる地・東北─ - w5 M  h0 @: k1 u
豊かなる東北 6 F' [, i8 {( ?+ ~/ E; o# w+ G
治承・寿永の争乱から鎌倉政権の誕生へ
$ Y& \0 t: n8 ^7 D蘆名氏の勃興
# ]) I; v  z. m- z5 m) S第三章 会津から江戸崎・秋田へ ─没落の方程式─
% e. \% `- Z3 D; ^0 m常陸の佐竹氏と蘆名氏の関係
7 l3 X2 T& f2 g会津内部の紛争  ^& C. {$ d0 i) }5 G) G
伊達氏と東北の雄を競って& q1 o* {) @) R
摺上原開戦前夜; i5 L7 A/ V# H9 b; a
蘆名家滅亡の要因
9 o+ w" X, H* M% {6 R  _, X, W濃い血縁" I) N7 s4 @8 y2 ?; S' w( P
蘆名・伊達の決戦: ]/ v& @% _3 O9 \5 I
会津蘆名氏の終焉
2 [5 X5 ?" F" g1 V4 W: q8 _70万石から4万8千石へ
* V  F. S$ W. g3 j  l# s& E第四章 佐竹氏を頼って常陸へ ─大名復活へ─
9 \. i  F5 h. z) Q7 }# ?江戸崎獲得のチャンス
# f& L- s5 p, F! S6 a江戸崎城での13年; }, {5 c1 t# K+ x! o
第五章 佐竹氏出羽の久保田へ ─厳しい処分─ 5 i. Q- z: c6 t
佐竹氏の減封6 S, a% E( \; j$ x
徳川武断主義の現実4 i8 `# O7 h, b, f- V. l, f) o, ]
第六章 御家再興の幻想 ─血脈の不運と─ ) Y2 j* ]$ j; O$ I8 h5 ^' D
角館を城下に
# z1 a: |' h/ [& W城割りに見せる会津時代の意識 ; i+ z# S: j' t
波乱の幕開け
; X, e7 h* Z# L8 s2 X' d4 h0 r千鶴丸の死 . e4 w* A( `' `
蘆名氏家名存続の難しさ
) R1 n3 P4 V( ~! t6 O御家再興の約束反故に" z: ~5 ~1 t; P9 O0 V3 X( e3 d  b
御家再興に陰り 3 `! N( p3 j) G' e/ v
事が動き出す
( ^% v7 S. }* I2 }! n蘆名家臣団への分断作戦
; s4 H3 l" n" N4 r  W% s蘆名家臣団同士の意地と本音のぶつかり合い+ ]7 W6 J; y5 v! w7 |
御家再興派と反対派の対立
1 R8 |1 k( B1 ~, c% A/ B御家再興運動の結果、全てを失う一八士+ D3 B: ~  p$ q  t2 ]7 r1 e
第七章 会津に残った蘆名遺臣と秋田移住の遺臣 ─蘆名の家名復活に託された名誉挽回運動の本質─
# R8 F$ }% X' p/ X# ^: q/ i1 M0 T没落した名家を取り巻く
( ^& g6 l+ g* q% u2 S見直される侍の精神構造と日本人の幻想
回复 支持 反对

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 入住日史

本版积分规则

手机版|小黑屋|Archiver|日本古代史论坛  

GMT+8, 2017-5-30 15:28 , Processed in 0.045965 second(s), 19 queries , Gzip On.

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

快速回复 返回顶部 返回列表