日本古代史论坛

 找回密码
 入住日史

QQ登录

只需一步,快速开始

搜索
查看: 3923|回复: 5

原创翻译资料-河内国

[复制链接]
发表于 2010-12-2 09:43:34 | 显示全部楼层 |阅读模式
本帖最后由 松川秀樹 于 2010-12-2 09:45 编辑
" [) k8 |( X; ?4 K( J
, d) x( [! {: w4 X" v9 U(在下并不是日语专业人士,如有错、漏,还望诸位大人指正)6 W  Q1 u1 H8 A

' w6 R8 R; z3 F4 L% N( T资料-河内国" I, f$ n9 D5 r

. \9 y/ p( ?% P% _        河内国,古代日本的地方行政区划令制国之一。按大国的分类,河内属于畿内。河内的地域相当于现在的大阪府东部。最初设置河内国之时还包括了现今大阪府的南西部(和泉国)。河内国的别称是河州。' S2 @5 s9 @0 P! T; J3 S0 v
        沿革
" t% n. w2 O; N8 @: g7 Z; z0 M/ n        河内国设立于7世纪。灵龟2年(716年)4月16日,割大鸟郡、和泉郡、日根郡分立和泉监。养老4年(720年)11月,坚下郡、坚上郡合并为大县郡。天平12年(740年)8月20日,河内国与和泉监合并。天平宝字元年(757年)5月8日,和泉国再度分立出去。道镜执政时期,在河内建造了由义宫,被称为西京。与此同时,神护景云3年(769年),废河内国,设置特别行政区划河内职。道镜失势后的第二年,恢复河内国。' r. ?+ v! z8 C- l9 M9 v: l
        历史, D& j; k' i7 c( @8 ]
        河内在古代是物部氏的势力范围,东大阪市衣摺是古代大豪族物部氏的本据地之一。' I* U8 w4 H* W3 q7 M" W
        羽曳野市壶井是武家之栋梁河内源氏(清和源氏的一支)的本据地。据说以东国武士为家臣的源义家(译者注:即八幡太郎义家,镰仓幕府始祖源赖朝、室町幕府始祖足利尊氏都是源义家的子孙,江户幕府始祖德川家康也冒认是源义家的子孙)及其父源赖义、祖父源赖信三代之墓就在河内源氏的家寺通法寺的附近。
! b  @5 I, A2 K4 O- J        镰仓时代末期,南河内的豪族楠木正成(译者注:楠木正成是与上杉谦信并称的忠、勇兼备的日本两大军神之一,近代的明治天皇追赠其为正一位,尊称为大楠公)及其楠木一族,为了打倒幕府而起义,固守下赤坂城、上赤坂城及千早城,将镰仓幕府军玩弄于股掌之上。# M1 ]7 |. r: Q
        后醍醐天皇建武亲政后,任命楠木正成为河内国司兼河内守护。
7 j# V, S) _0 T) O$ E        足利尊氏与后醍醐天皇对立,南北朝时代到来后,河内经常成为主战场。楠木正成的长子楠木正行(译者注:也是南北朝时期的名将,近代的明治天皇尊称为小楠公)和高师直一起在四条畷之战中战死。) o4 y4 j. G- u( H
        进入室町时代后,河内守护一职由三管领之一的田山氏世袭。河内在田山满家、田山持国父子时,是安定的治世。但围绕着田山持国的继承权,养子田山政长(译者注:田山持国的弟弟田山持富之子)和儿子田山义就之间发生内战,河内就是战场,受到很大破坏。田山政长在正觉寺(大阪市平野区加美正觉寺)被细川政元、田山义丰(译者注:田山义就次子)等人击败。但田山政长之子田山尚顺却从纪伊卷土重来,终于以河内、纪伊的守护身份反攻河内成功。田山尚顺之子田山稙长之时最终将田山义就系的田山义英(译者注:田山义丰嫡子)讨灭,完成田山家的统一。但是河内被这场战争严重摧残,化成了焦土。) G1 T* k2 ]; D+ X+ \7 h6 b6 K# V
        尽管河内被田山稙长所统一,但田山家的实权却落到了守护代游佐长教之手,河内守护田山氏成了傀儡。三管领的另一家细川家的内战也在持续,细川高国(译者注:细川政春之子、细川政元养子)、细川澄元(译者注:细川义春之子、细川政元养子)、细川澄之(译者注:关白九条政基的少子、细川政元养子)等人争夺细川家家督之位,胜利者是细川澄元之子细川晴元。但是在细川氏内战之中活跃的细川氏守护代三好元长掌握了细川家的实权,细川晴元又在堺将三好元长攻灭。之后细川晴元开始支配幕政,三好元长之子三好长庆(译者注:三好长庆继任三好氏家督后,与细川晴元和解)从阿波上洛(译者注:当时日本人称去京都为上洛,此洛缘于中国的洛阳,代指首都)。三好长庆迎娶了掌握河内实权的河内守护代游佐长教之女为妻,开始积蓄势力。虽然此时三好长庆是细川晴元的家臣,但是违背细川晴元的意愿,在高井田(大阪府柏原市高井田)讨灭木泽长政。之后细川晴元与三好长庆对立,细川晴元派的三好长庆的叔父三好政长与三好长庆在河内十七个所的榎并城等地激战。三好长庆击败了掌握幕政的细川晴元,把幕府将军视为傀儡,掌握了幕府实权。同时把本据城从摄津芥川城迁至河内饭盛山城(今大阪府四条畷市)。
) q0 c8 A3 s. i( D, H        但是,三好长庆也在42岁的壮龄去世,之后三好氏家臣(三好三人众对松永久秀)内战,河内、大和成为战场。为这场战争划上终止符的,是织田信长上洛。
- a9 M1 Y; N  P! O* H        织田信长上洛后,河内由北河内的三好义继和南河内的田山昭高(织田信长女婿)所统治。但是,三好义继、田山昭高也不久在元龟兵乱前后没落,河内由织田信长的重臣佐久间信盛支配。佐久间信盛又在不久后被织田信长疏远而追放。
1 J7 {3 U6 K: b1 f0 ^7 e        织田信长在本能寺之变中去世。在山崎之战讨灭了明智光秀的羽柴秀吉根据清洲会议的结果,将河内纳为领国。( F  a# Y& f' a8 G* t* T. i3 F
        羽柴秀吉成为天下人,修筑了大坂城后,河内的重要据点若江城成为废城。  g1 Q6 I( M3 r5 y6 o" n) `: v
        丰臣秀吉,经过关原之战,德川家康成为天下人、征夷大将军、开立幕府,河内作为丰臣秀赖的领国被纳入幕藩体制。德川家康与丰臣秀赖对决的大坂之阵爆发之际,河内也成为战场。大坂之阵分为冬之阵、夏之阵。冬之阵是在大坂城周边作战,河内不是主战场;夏之阵为之一变,填埋护城河的大坂城成为裸城,丰臣方判断笼城战对己方极为不利,出城迎击从京都出发以大坂为目标的德川方,进行野战。因此,京都与大坂之间的河内的各个地区都发生了战斗。主要有道明寺之战(后藤基次vs伊达政宗、松平忠辉、水野胜成,真田信繁、北川宣胜、薄田兼相vs伊达政宗、松平忠辉、水野胜成)、八尾・若江之战(木村重成vs井伊直孝,长宗我部盛亲vs藤堂高虎)等战役。
( s) ?4 m. `' e" l/ m        进入江户时代后,河内成为天领(译者注:江户幕府的直属领地),并散布着旗本领。河内国的大名:狭山藩的北条家、丹南藩的高木家。另外,山城国的淀藩的稻叶家也在河内有一些领地。
8 F% |3 S3 G, P( Z/ M+ v        郡
6 X/ d7 ~6 U( e        茨田郡" r( H, y+ n+ x3 j' C& p
        交野郡(飞鸟时代后期由茨田郡割置)
6 U/ v, z0 a2 C0 `( ^8 ?. n& I. `        赞良郡1 E, g1 D$ A3 N) f9 O. o
        河内郡
8 g( P4 C. |' x9 ]        高安郡( a, h. Z1 E  P3 j. G0 Y
        大县郡. w% k: A! y  f! L$ T& N
        若江郡" w+ \1 n. c3 y' n" {: I
        涉川郡( G+ T+ s3 e, o% [. F
        志纪郡# N$ D2 n2 j( N; S! K
        安宿部郡(又称安宿郡)
# t  l$ _; o, ?( r7 C! Y/ `        古市郡
) K4 F9 E( _! h9 [6 b1 U0 u        石川郡
. B9 e% x: w+ P+ x1 a% Q* Z* b        锦部郡
! |$ S! t; A$ N0 s6 `# G        丹比郡(平安时代后期分割为丹南郡和丹北郡)& h" R1 I2 e  q! @' d" e
        丹南郡(飞鸟时代后期由丹比郡割置): l! w, B' l0 O) p0 e6 ~
        丹北郡(飞鸟时代后期由丹比郡割置)$ ?+ O: w" ?" F5 r( r
        八上郡(平安时代后期由丹北郡割置)
) q6 ?, k  H! Y        ……
9 {' ]# ^2 M# |" g, c; M- W" P        日语原文
- k: x# [9 R& N1 [        河内国(かわちのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。大国に分類され、畿内に含まれた。領域は現在の大阪府東部にあたるが、設置当初は南西部(和泉国の領域)も含んでいた。別称は河州(かしゅう)。
8 u) H5 N& x% o, h5 X. Q        沿革- J/ w) h0 [( m$ M
        7世紀に成立した。霊亀2年(716年)4月16日に、大鳥郡、和泉郡、日根郡を割いて和泉監を分立させた。養老4年(720年)11月に堅下郡と堅上郡を併せて大県郡にした。天平12年(740年)8月20日に和泉監を合併した。天平宝字元年(757年)5月8日に、和泉国を再び分立させた。道鏡政権下では由義宮が建設され西京と称し、それに伴って神護景雲3年(769年)河内国が廃止され、かわって特別行政組織河内職が設置された。道鏡失脚により翌年元に戻された。
- \" ^' K% E7 ]/ C! M        歴史. K% k  u3 p# t1 l% B
        河内の国は古くは物部氏の勢力があり、東大阪市衣摺は、古代の大豪族の物部氏の本拠地のひとつであった。7 Q5 d- Z: K. d7 y0 ~
        羽曳野市壺井は、武家の棟梁となる源氏(河内源氏)の本拠地となり、東国の武士を家臣にした八幡太郎義家や、その父の源頼義、祖父の源頼信の三代の墓が河内源氏の菩提寺だった通法寺跡近くに現在も伝わっている。後に鎌倉幕府を開く源頼朝は、この河内源氏の末裔。* y. L; q" K- C% {# e. }. x
        鎌倉時代末期に、南河内の豪族の楠木正成とその一族が、幕府打倒のため蜂起し、下赤坂城・上赤坂城に、そして千早城に立て篭もり、鎌倉幕府軍を翻弄する。! l) F8 O4 H+ A2 v
        建武の親政では、楠木正成が国司と守護の両方に任命された。
" i/ j4 D+ d$ p( m+ q5 q+ b. r- J8 r' `        足利尊氏が後醍醐天皇と対立し、南北朝時代が到来すると、河内は主戦場となることが多くなり、楠木正成の長男、楠木正行は高師直と四條畷(四條縄手)で戦い戦死した。
& x3 N0 U7 z$ N. z2 e% c        室町時代になると、河内の守護は三管領のひとつ畠山氏がなり、畠山満家、畠山持国と続き、安定した治世を見せたが、持国の跡目をめぐって、養子の畠山政長と実子の畠山義就が争い、河内はその争奪の舞台となり、疲弊した。政長が正覚寺(大阪市平野区加美正覚寺)で細川政元、畠山義豊らに討たれたが、その子、畠山尚順は紀州にあって捲土重来をはかり、ついに河内・紀州の守護として返り咲きに成功し、その子、畠山稙長の時についに義就系の畠山義英を討滅し、畠山家を統一した。しかし、その過程、戦場となった河内は焦土と化した。
& h! i, S7 P* D/ l2 O        畠山稙長のもとで統一された河内であったが、実権は守護代遊佐長教の手にわたり、守護は傀儡化されていく。また、管領の細川家も内紛が続き、細川高国、細川澄元、細川澄之らの家督争いにくわえ、その勝者となった細川澄元の子、細川晴元がその守護代で細川氏の内紛で活躍した三好元長を堺に攻めて滅ぼした。そして細川晴元のもとで幕府は維持されるが、三好元長の子、三好長慶が阿波から上洛し、その妻女を河内守護代で実権を握る遊佐長教から迎えるなど勢力を蓄えながら、細川晴元に従い、細川晴元の意に従わない、木沢長政を高井田(大阪府柏原市高井田)で討つなど活躍した。しかし後に対立し、晴元派の大叔父三好政長と三好長慶が河内十七箇所をめぐって榎並城などで戦い、三好長慶が細川晴元の管領政権を打破し、将軍を傀儡化して幕府の実権を握るとともに、本拠地を摂津の芥川山城から河内の飯盛山城(大阪府四條畷市)に移した。
+ n/ F, D1 b% Z1 h3 m$ ]. m, [. j        しかし、その三好長慶も42歳の若さで没すると、その後をめぐって家臣(三好三人衆と松永久秀)が対立し、河内、大和を戦場にした。その争いに終止符を打ったのは、織田信長の上洛であった。
( J5 j8 w4 c; h% F) [2 j* z        織田信長が上洛すると、河内は北半国を三好義継、南半国を畠山昭高(織田信長の娘婿)が統治するようになる。しかし、義継、昭高は元亀兵乱に前後してまもなく没落し、河内は信長の重臣、佐久間信盛が支配する。その信盛も後に信長に疎まれ追放される。
& B8 c6 A  R1 {2 T        織田信長が本能寺の変で死ぬと、山崎の戦いで明智光秀を討った羽柴秀吉が清洲会議の結果、領国としておさえる。7 b9 ^9 a8 G. g; e0 s1 ?+ Q0 _
        羽柴秀吉が天下人となり、大坂城を築くと、河内の重要拠点であった若江城は廃城となった。0 ^4 K" g/ b9 q* n& ^
        秀吉の死後、関ヶ原の戦いを経て、徳川家康が天下人となり、征夷大将軍となり、幕府を開くが、河内は豊臣秀頼の領国として幕藩体制には入らなかった。徳川家康と豊臣秀頼が対決した大坂の陣が勃発すると、河内も戦場となる。この戦いは冬の陣、夏の陣とあるが、冬の陣は大坂城周辺での戦いであったので、河内は主戦場にはならなかったが、夏の陣では様相が一変し、外堀を埋められ裸城となった大坂城では篭城戦はできないと判断した大坂方は、京都から大坂をめざす徳川方を野戦で迎撃した。そのため、京都と大坂の間にある河内の各所で戦いが行われた。主なものに、道明寺の戦い(後藤基次vs伊達政宗・松平忠輝・水野勝成、真田信繁・北川宣勝・薄田兼相vs伊達政宗・松平忠輝・水野勝成)、八尾・若江の戦い(木村重成vs井伊直孝、長宗我部盛親vs藤堂高虎)などの戦いが展開された。
0 ]0 H- O- o6 t, `" R        江戸時代になると、河内は天領および旗本領が点在し、大名としては、狭山藩の北条家、丹南藩の高木家のみが存在した。また、淀藩の稲葉家の領地も多く存在した。7 y1 Q* W7 f0 F$ c
        郡' D4 x9 f- Z) C  w  t( u
        茨田郡
3 @, B6 ^; a4 {6 l6 B        交野郡(飛鳥時代後期に茨田郡より割置): D5 k* G/ \8 k) h7 ~
        讃良郡) e' \1 O; T+ v& x0 I
        河内郡
7 Q" r1 G% c$ ~. I0 f+ }        高安郡
( [9 ~+ ?! V/ v3 J. f        大県郡
. d" ]% b$ \' n% C+ g( A        若江郡
7 p1 Y# `& X# }) \( I& T: g* y        渋川郡+ A2 y) i' s: r! n
        志紀郡2 K9 M( O4 t, a) w
        安宿部郡(安宿郡とも表記)" A! b6 G9 b! G9 H
        古市郡
3 B# N' w! ^# ~  \' |5 G$ t        石川郡; [1 O3 C% Z) i+ V: N
        錦部郡
* F! ^$ a1 m; c* F: ?  Q) ~; [& k        丹比郡(平安時代後期に分割)6 D% ^/ x- D! j1 P
        丹南郡
/ [! |4 q5 B) O% N        丹北郡7 h6 t4 Y/ @- N0 D% R7 Z
        八上郡(平安時代後期に丹北郡より割置)
2 Q4 L+ U, t) k        ……1 d/ b1 E- ]7 Q  z  v; _
        (百度百科已经接受了我翻译创建的河内国资料)7 ~: Y$ V- @7 W. w5 H( L; {4 A- N
        (2010)
回复

使用道具 举报

发表于 2010-12-30 22:21:17 | 显示全部楼层
恩,虽无掌声,我来感谢下爱心。
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2010-12-31 12:47:21 | 显示全部楼层
虽然楼主的翻译工作很辛苦,但是您的资料既然已经被百度百科接受了就不用转发到这里了吧。

点评

+10086  发表于 2011-1-7 09:20
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2011-2-2 16:54:10 | 显示全部楼层
拜读了,谢楼主辛苦发布了。

评分

参与人数 1银子 -5 收起 理由
楠木正謙 -5 無意義回覆。

查看全部评分

回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2011-2-13 03:09:33 | 显示全部楼层
河内国我谁都不记得..就记得楠木正成,太平记里记得是金八老师演地.很有型.6 {6 `$ z9 o( _( K
不过死在足利地管家手下,甚是可惜啊.
回复 支持 反对

使用道具 举报

太宰筽卅仫 该用户已被删除
发表于 2017-4-23 12:07:52 | 显示全部楼层
好贴支持感谢
回复 支持 反对

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 入住日史

本版积分规则

Archiver|手机版|小黑屋|日本古代史论坛 ( 蜀ICP备05000094号

GMT+8, 2022-5-29 05:04 , Processed in 0.079087 second(s), 24 queries , Gzip On.

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

快速回复 返回顶部 返回列表